おはようございます!あやまめです。
早速ですが、今日の日経春秋の要約です。


【春秋要約:18/1/19(金)】
田町散策は幕末維新ゆかりの薩摩藩邸と落語「芝浜」の結び付きを空事できる為、楽しい。

(マス目調整含め40文字/5分で作成)


【要約のポイント】
今日は主論がどれか一瞬悩んだのですが、文章の流れを見ると、第四段落の最終フレーズである

空事にふけりつつ幕末維新ゆかりの地の歴史散歩を楽しんだ。

が主論ではないかと考えられたため、

空事にふけりつつ幕末維新ゆかりの地の歴史散歩を楽しんだ。

を中心にして要約を作りました。

因果の「因」部分については、主語を第一段落の

古典落語の人情噺(ばなし)「芝浜」の舞台は東京・JR田町駅周辺だ。

をヒントにして設定したことから、

東京・JR田町駅周辺

を具体的に説明できる要素を春秋本文全体を俯瞰した上で「つまりどういうこと?」の視点でまとめながら、

空事にふけりつつ

の部分を「因」部分に加えています。


<参考までに:60文字要約>
田町駅周辺の散策は、幕末維新ゆかりの藩邸をめぐる薩摩と幕府との攻防や薩摩藩と落語「芝浜」の結び付きを空事できる為、楽しい。
(マス目調整含め60文字/1分で作成)


皆さんはどのように考え、纏めましたか?
genessa-panainte-179123
その土地の歴史を知った上で散策すると、色々な気付きがあります。

旅行・散歩の予習をした上でその土地に行く癖、身につけたいものです。