おはようございます!あやまめです。
早速ですが、今日の日経春秋の要約です。


【春秋要約:18/2/5(月)】
東京駅北口整備は観光・景観と通勤客・生活者の利便性とのバランスにも配慮が望まれる。

(マス目調整含め40文字/4分で作成)


【要約のポイント】
今日の主論は第四段落の最終フレーズである

観光や見た目の時代ではあるが、通勤客や生活者の利便性とのバランスにも配慮がほしいところだ。

であると考え、要約を作りました。

今日は主論とした文章の中に重要な要素がたくさん盛り込まれている為、主論とした文章に主語を加える程度で40文字を完成させました。

なお、因果文にすると、入れ込みたい要素が入りきらなくなってしまうため、因果文ではなく主張1本の40文字としています。


<参考まで:60文字要約>
東京都やJRは、東京駅丸の内側整備にあたり、観光や見た目だけでなく通勤客や生活者の利便性とのバランスにも配慮したいところだ。
(マス目調整含め60文字/1分で作成)


皆さんはどのように考え、纏めましたか?
東京駅丸の内口
見た目を重視したために、使い勝手が悪い。

使い勝手はいいけれど、見た目がイマイチ。

できることなら、見た目も中身も重視したいところですね。

私自身も、見た目も中身もブラッシュアップしていくことができるよう、頑張ります!