おはようございます!あやまめです。
早速ですが、今日の日経春秋の要約です。


【春秋要約:18/3/19(月)】
条件付き民泊解禁の成否は安らぎ求める住民の不安を行政が如何に払うかにかかっている。

(マス目調整含め40文字/2分で作成)


【要約のポイント】
今日の主論は第四段落の

こういう不安をいかにうまく拭うかに、この試みの成否はかかっていよう。

であると考え、要約を作りました。

40文字の冒頭に持ってくる主語を、主論の中から具体化して明示しつつ、

こういう不安

を具体化して40文字に反映させました。

使った要素は、第一段落の

Not In My Back Yard――必要性はわかるが、うちの近所には来ないで。そんな矛盾した住民心理をあらわす言葉だ。

をヒントに、第四段落の

せっかく手に入れた安息の場が侵される。オートロックが有名無実化する。

を「つまりどういうこと?」の視点で纏めて40文字に反映させています。

皆さんはどのように考え、纏めましたか?
chris-lawton-346401-unsplash
立場が変わると何が便利で何が不便か変化します。

それを理解した上で折衷案が生まれると良いのですが、そう簡単にはいかないものですね…。