おはようございます!あやまめです。
早速ですが、今日の日経春秋の要約です。


【春秋要約:18/4/13(金)】
私は拳銃の善悪を知る19歳警察官が犯行に及んだ背景にある「心の魔物」の正体を考えた。

(マス目調整含め40文字/5分で作成)


【要約のポイント】
今日の主論は第四段落の最終フレーズである

新人警官の心にどんな魔物が潜んでいたのか。

であると考え、要約を作りました。

主論とした文章に主語がなかったため、40文字の頭に主語を補いつつ、主論とした文章の述語部分も意味が変わらない程度に変更しました。

また、

魔物

を具体化するために、第一段落と、第二段落の

そんな常識は百も承知のはずだろうに、なぜこんな事件が起きたのか。滋賀県彦根市の交番内で、19歳の警察官が指導役の警察官を射殺した。

を中心に「つまりどういうこと?」の視点で纏めて40文字に反映させています。

皆さんはどのように考え、纏めましたか?
拳銃
今日のテーマになった滋賀県の事件、驚きました。

こういうことってあるのですね…。



充実した1日になりますように!